不況、就職難にも強い社会保険労務士とは?

社会保険労務士、略して社労士とも呼ばれるこの仕事は、企業の中の「人」にかかわる要の仕事として、雇用、労働問題、社会保険、年金問題などを扱う国家資格です。
当然資格を取るにはそれだけ難しい難関を突破する必要がありますが、資格を取ってしまえば就職や転職にもひじょうに有利に働くので、やり甲斐をもって臨めます。
企業はその規模にかかわらず、そこで働く「人」あってのものですから、社会保険労務士として働くことは企業の発展にかかわり、社員の働きやすい職場環境づくりを援助する重要な仕事としてこれからも注目の職種です。
気になる年収ですが、会社に属する社会保険労務士の平均年収は530万円と出ています。
もちろん勤続年数などによって前後しますが、一般のサラリーマンの年収平均が437万円ということから考えると厚遇されていることがわかります。