介護保険のサービスを受ける時に限度がある?

介護保険を使い介護サービスを受けられるために私達は40歳以上になると介護保険料を支払うことが義務付けられていますが、介護保険料を払っていると言うことでサービスは必要なら必要な分だけ受けたいと言うことですよね。
しかし、介護サービスには、受けられる限度と言うのがあります。
介護を必要とした時に要介護認定を受けます。
その結果として要介護度と言うのが決まりますが、この要介護度により介護サービスの支給限度額も決まってから本人、家族に通知されます。
要するに「限度額以内なら1割の自己負担で介護サービスを受けることができますよ。
」それ以上になるとサービスを受けられなくなるのか!? そう言う訳ではありませんよ。
これについて言うと、超えたら超えた分の全額を負担すれば受けられると言うことになります。
ですから、無制限に保険内でサービスが受けられると言うわけではありませんので勘違いしないように! 利用者の考え方次第になると言っても良いと思います。
ですから、介護と言うのは出来れば本人が出来るような、目標にしやすい介護サービスを受けられるように心掛ければ良い言うことです。
そう思います。
(笑顔)そうのではないでしょうか。
(笑顔)そうすると長引きそうな介護サービスにもやる気が出せますよね。
(笑顔)