プロバイダーはメールアドレスサービスにも違いがある?

インターネットをする時、ほぼ間違いなく使用するサービスの1つがメールになります。
プロバイダーと契約する際、オプションサービスなどでメールアカウントを取得する事もできます。
また、その取得したメールアドレスも、必要に応じて複数所持したり追加したりする事もできます。
光ファイバーサービスだと、大抵の場合はメールアカウントが付属してくる事が大半になります。
プロバイダーを比較した時、メールサービスの内容にも注意すると良いでしょう。
さて、プロバイダーを比較すると、実はメールサービスにも違いがある事が分かります。
メールなどはどれも同じように見えてしまうかもしれませんが、業者によってはサービス内容が大きく違う事も多いです。
容量や保存期間の他に、複数所有できるか追加できるかも含まれます。
おすすめのところは、@niftyやso-netがあります。
@niftyは、追加のアカウントが3つまで無料ですし、so-netも同様に3つまで無料で追加できます。
仮にそれ以上のアカウントが欲しくなっても、@niftyでは1つにつき105円、so-netでも1つ追加で210円程度かかります。
メールは1つで充分と思う方も多いですが、アカウントもプライベート用や仕事用など、区別する事で、届いたメールがごちゃごちゃにならなくて済みます。
ですので、特に仕事用にも必要な方はプライベート用と分ければ、アドレスの送信ミスもなくなります。
メールはインターネットをする上で、使わない人を探す方が難しいくらいですので、アカウントを取得しておいて損はありません。
後々の事を考えれば、複数所有や追加が可能かも考えて比較しておくと便利です。
プロバイダー比較!価格キャンペーン口コミまとめ【評判ランキング】