大学発のベンチャー企業の紹介!

ベンチャー企業には、大学の研究を実用化するのに起業されているところがあります。大学発のベンチャー企業には、それ相応のリスクがあります。それと「裏事情」もあります。大学発言えば、いかにもベンチャービジネスらしい新鮮な印象を受けますよね。(笑)大学発のベンチャー企業の場合においては、支援体制が確立されてないと言う点が挙げられます。(汗)。大学の規模により、バックアップの大きい所もありますが、そうでない所は生徒が自主的に、自己流で会社を運営していかなければなりませんね。

その結果、上場にばかり目を向けてしまう傾向にあります。(汗)また、株主の割合を不可思議なものにしてしまう会社もありますよね。(汗)このように「わかってない」経営になるということが結構あるようですね。(汗)それによって、「失敗した後のこともどうしたら良いのかわからない!」と言うことになります。それで、ますます低迷してしまうのです。(涙)もちろん、過去に起業した経験がある教師とかが社長になるのなら問題ありません。(笑顔)これでは、始末におけませんよね。

(汗)また、「研究室での開発」であるにもかかわらず、担当教員などが個人で成果を奪ってしまうということもあるようですね。(汗)このように大学発のベンチャー企業にしかない問題もあります。以上の点などを踏まえた上で、大学発のベンチャー企業は、生徒を守る為の「バックアップ体制」が重要だと言うことですね。おわかりいただけましたかね。それでは、ベンチャー企業のバックアップには、どのようなものがあるのでしょう!?